旧陸軍演習場内圍壁(千葉県)

旧陸軍演習場内圍壁は、千葉県習志野市にある旧日本陸軍施設の戦争遺跡です。

最寄り駅は実籾駅(京成 本線)です。この実籾駅(京成 本線)から旧陸軍演習場内圍壁への距離と所要時間は、およそ1468m/徒歩18分です。

支那囲壁砲台(しないへきほうだい)とは、千葉県習志野市にある戦争遺跡である。「一望千里」と呼ばれた習志野原にあって、演習用に中国の家屋を模して作られた砲台のミニチュアであり、銃眼が開いている。習志野名所のひとつ。
2002年に国の登録有形文化財になっている。なお、正式な登録名称は旧陸軍演習場内圍壁(きゅうりくぐんえんしゅうじょうないいへき)である。(Wikipediaより引用)

戦争遺跡名称 旧陸軍演習場内圍壁
施設の管轄区分 旧日本陸軍施設
所在地 〒275-0001
千葉県習志野市東習志野4丁目15−6
ウェブサイト 旧陸軍演習場内圍壁ホームページ
最寄り駅 実籾駅(京成 本線)
この 旧陸軍演習場内圍壁 のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。