旧陸軍第九師団司令部庁舎(国立工芸館)(石川県)

旧陸軍第九師団司令部庁舎(国立工芸館)は、石川県金沢市にある旧日本陸軍施設の戦争遺跡です。

最寄り駅は野町駅(北陸鉄道 石川線)です。この野町駅(北陸鉄道 石川線)から旧陸軍第九師団司令部庁舎(国立工芸館)への距離と所要時間は、およそ2529m/徒歩32分です。

第9師団(だいきゅうしだん)は、大日本帝国陸軍の師団の一つ。
日清戦争の後、軍備増強の必要性から1898年(明治31年)に新設された6個師団の一つで、北陸の富山・石川・福井各県の兵士で構成され、衛戍地を金沢として編成された師団である。第18師団(久留米市)と、陸軍内部でその精鋭さでは双璧といわれた。1898年11月8日、師団司令部と師団監督部が開庁した。同年11月29日、監督部は旧金沢城内の新築庁舎に移転。(Wikipediaより引用)

戦争遺跡名称 旧陸軍第九師団司令部庁舎(国立工芸館)
施設の管轄区分 旧日本陸軍施設
所在地 〒920-0963
石川県金沢市出羽町3-2
ウェブサイト 旧陸軍第九師団司令部庁舎(国立工芸館)ホームページ
最寄り駅 野町駅(北陸鉄道 石川線)
この 旧陸軍第九師団司令部庁舎(国立工芸館) のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。