旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設(長崎県)

旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設は、長崎県佐世保市にある旧日本海軍施設の戦争遺跡です。

最寄り駅はハウステンボス駅(JR 大村線)です。このハウステンボス駅(JR 大村線)から旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設への距離と所要時間は、およそ8852m/徒歩111分です。

針尾送信所(はりおそうしんじょ)は、長崎県佐世保市の針尾島にある海上保安庁の無線送信所である。
敷地内にある巨大な3本のコンクリート製の電波塔(針尾無線塔)は大正時代に建てられた。自立式電波塔としては古さ日本一である。また、第二次世界大戦以前から建つ現存する塔としては日本一の高さである。「旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設」の名称で国の重要文化財に指定されている。(Wikipediaより引用)

戦争遺跡名称 旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設
施設の管轄区分 旧日本海軍施設
所在地 〒859-3452
長崎県佐世保市針尾中町
ウェブサイト 旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設ホームページ
最寄り駅 ハウステンボス駅(JR 大村線)
この 旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設 のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。