旧陸軍第10師団兵器庫(姫路市立美術館)(兵庫県)

旧陸軍第10師団兵器庫(姫路市立美術館)は、兵庫県姫路市にある旧日本陸軍施設の戦争遺跡です。

最寄り駅は京口駅(JR 播但線)です。この京口駅(JR 播但線)から旧陸軍第10師団兵器庫(姫路市立美術館)への距離と所要時間は、およそ1304m/徒歩16分です。

煉瓦造2階建、日本瓦葺、切妻屋根を有しL字型に2棟を接続したj配置である。東西棟は第十師団の兵器庫として明治38年頃建設された。南北棟は大正2年増築で、棟札から陸軍技手宮本平治の設計、工場主任官井田熊吉である。
昭和22年姫路市庁舎として改装転用され、昭和55年市役所移転に伴い、翌年より保存改修工事、昭和58年4月に姫路市立美術館としてオープンした。(姫路市ホームページより引用)

戦争遺跡名称 旧陸軍第10師団兵器庫(姫路市立美術館)
施設の管轄区分 旧日本陸軍施設
所在地 〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-25
電話番号 079-222-2288
ウェブサイト 旧陸軍第10師団兵器庫(姫路市立美術館)ホームページ
最寄り駅 京口駅(JR 播但線)
この 旧陸軍第10師団兵器庫(姫路市立美術館) のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。