高烏台砲台跡(広島県)

高烏台砲台跡は、広島県呉市にある旧日本陸軍施設の戦争遺跡です。

最寄り駅は呉駅(JR 呉線)です。この呉駅(JR 呉線)から高烏台砲台跡への距離と所要時間は、およそ7193m/徒歩90分です。

明治34(1901)年旧陸軍が外国艦船の侵入を防ぐために、標高218mの高烏台に28センチ榴弾砲6門を装備した砲台を築きました。その砲台基礎や弾薬庫の一部と兵舎跡などが、100年以上経った今でも立派な外観を保って残されています。(呉市ホームページより引用)

戦争遺跡名称 高烏台砲台跡
施設の管轄区分 旧日本陸軍施設
所在地 〒737-0000
広島県呉市警固屋町
ウェブサイト 高烏台砲台跡ホームページ
最寄り駅 呉駅(JR 呉線)
この 高烏台砲台跡 のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。