沖小島砲台跡(鹿児島県)

沖小島砲台跡は、鹿児島県鹿児島市にあるその他の軍用施設の戦争遺跡です。

鹿児島湾沖にあり、文久3年(1863年)の薩英戦争時には小型和式砲が15門配備されていたが威力が無くイギリス艦隊には損害を与える事は出来なかった。
桜島の燃崎との間に電気水雷を潜ませていたが、沖小島からの砲撃によってイギリス艦隊は航路を変更し不発に終わった。(幕末維新史跡観光ホームページより引用)

戦争遺跡名称 沖小島砲台跡
施設の管轄区分 その他の軍用施設
所在地 〒891-1419
鹿児島県鹿児島市桜島横山町
ウェブサイト 沖小島砲台跡ホームページ
この 沖小島砲台跡 のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。