深浦水雷艇隊基地跡は長崎県に残る旧帝国海軍の戦争遺跡(長崎県)

深浦水雷艇隊基地跡は、長崎県対馬市にある旧日本海軍施設の戦争遺跡です。

2021年8月30日

1886年(明治19年)、竹敷港に水雷施設部が設置され、1896年(明治29年)から1912年(大正元年)にかけて大日本帝国海軍初の要港部として設置された。
現在は海上自衛隊対馬防備隊本部として利用されている。
対馬市選奨土木遺産。(Wikipediaより引用)

戦争遺跡名称 深浦水雷艇隊基地跡
施設の管轄区分 旧日本海軍施設
所在地 〒817-0511
長崎県対馬市美津島町竹敷
ウェブサイト 深浦水雷艇隊基地跡ホームページ
この 深浦水雷艇隊基地跡 のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。