米ヶ浜砲台跡(中央公園)(神奈川県)

米ヶ浜砲台跡(中央公園)は、神奈川県横須賀市にある旧日本陸軍施設の戦争遺跡です。

最寄り駅は横須賀中央駅(京急 本線)です。この横須賀中央駅(京急 本線)から米ヶ浜砲台跡(中央公園)への距離と所要時間は、およそ736m/徒歩9分です。

明治新政府は東京湾防衛のため深田台地に砲台を新設、米ヶ浜砲台として明治24年、第1、第2砲台が竣工、海堡と共に我が国防衛の拠点として、太平洋戦争終結まで秘密のベールに包まれていた。日露戦争で旅順攻略に手を焼いた日本軍は明治37年砲台山にあった28サンチ榴弾砲6門を取り外して現地に送り、旅順港内の敵艦隊を壊滅させ、奉天会戦を容易ならしめて、陸戦勝利原因となった。大正12年以降は演習砲台となった。(横須賀市ホームページより引用)

戦争遺跡名称 米ヶ浜砲台跡(中央公園)
施設の管轄区分 旧日本陸軍施設
所在地 〒238-0016
神奈川県横須賀市深田台19
電話番号 046-822-8333
ウェブサイト 米ヶ浜砲台跡(中央公園)ホームページ
最寄り駅 横須賀中央駅(京急 本線)
この 米ヶ浜砲台跡(中央公園) のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。