観音崎砲台(北門第一砲台跡)(神奈川県)

観音崎砲台(北門第一砲台跡)は、神奈川県横須賀市にある旧日本陸軍施設の戦争遺跡です。

最寄り駅は浦賀駅(京急 本線)です。この浦賀駅(京急 本線)から観音崎砲台(北門第一砲台跡)への距離と所要時間は、およそ3642m/徒歩46分です。

観音埼灯台をとり囲むように、観音崎の台地に砲台の跡が残っています(観音崎砲台跡・三軒家砲台跡など)。
文政4年(1821)以後は、浦賀奉行所によって管理され、その後、慶応4年(1861)から江川太郎左衛門が引継ぎ、明治以後は、海軍省から陸軍省へと引継がれ、昭和20年(1945)8月15日の終戦まで管理されました。観音崎一帯は明治14年に要塞となり、一般の人の立入りは禁止になりました。
第一、第二、第三、第四、南門、大浦、三軒家各砲台などや、火薬庫の跡など、今でも石組やレンガ造りの砲台の跡が残っています。(横須賀市ホームページより引用)

戦争遺跡名称 観音崎砲台(北門第一砲台跡)
施設の管轄区分 旧日本陸軍施設
所在地 〒239-0813
神奈川県横須賀市鴨居4丁目3
ウェブサイト 観音崎砲台(北門第一砲台跡)ホームページ
最寄り駅 浦賀駅(京急 本線)
この 観音崎砲台(北門第一砲台跡) のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。