松代大本営地下壕(長野県)

松代大本営地下壕は、長野県長野市にある旧日本陸軍施設の戦争遺跡です。

最寄り駅は篠ノ井駅(しなの鉄道線)です。この篠ノ井駅(しなの鉄道線)から松代大本営地下壕への距離と所要時間は、およそ6407m/徒歩80分です。

松代大本営跡(まつしろだいほんえいあと)は、太平洋戦争末期、日本の政府中枢機能移転のために長野県埴科郡松代町(現長野市松代地区)などの山中(象山、舞鶴山、皆神山の3箇所)に掘られた地下坑道跡である。
このうち現在、象山地下壕(ぞうざんちかごう)が一般公開されている。(Wikipediaより引用)

戦争遺跡名称 松代大本営地下壕
施設の管轄区分 旧日本陸軍施設
所在地 〒381-1232
長野県長野市松代町松代479-11
ウェブサイト 松代大本営地下壕ホームページ
最寄り駅 篠ノ井駅(しなの鉄道線)
この 松代大本営地下壕 のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。