豊川海軍工廠(豊川海軍工廠平和公園)(愛知県)

豊川海軍工廠(豊川海軍工廠平和公園)は、愛知県豊川市にある旧日本海軍施設の戦争遺跡です。

最寄り駅は八幡駅(名鉄 豊川線)です。この八幡駅(名鉄 豊川線)から豊川海軍工廠(豊川海軍工廠平和公園)への距離と所要時間は、およそ2499m/徒歩31分です。

豊川海軍工廠(とよかわかいぐんこうしょう)とは、愛知県豊川市にあった日本海軍の工廠。機銃、弾丸の製造を行った。東海地区では勿論、当時は東洋随一の規模とされた。
跡地のうち、第二次世界大戦後に名古屋大学の研究施設として使われていた一角を豊川市が整備し、2018年6月9日に豊川海軍工廠平和公園を開園した。(Wikipediaより引用)

戦争遺跡名称 豊川海軍工廠(豊川海軍工廠平和公園)
施設の管轄区分 旧日本海軍施設
所在地 〒442-0061
愛知県豊川市穂ノ原三丁目13-2
ウェブサイト 豊川海軍工廠(豊川海軍工廠平和公園)ホームページ
最寄り駅 八幡駅(名鉄 豊川線)
この 豊川海軍工廠(豊川海軍工廠平和公園) のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。