大房岬砲台跡(千葉県)

大房岬砲台跡は、千葉県南房総市にある旧日本陸軍施設の戦争遺跡です。

最寄り駅は富浦駅(JR 内房線)です。この富浦駅(JR 内房線)から大房岬砲台跡への距離と所要時間は、およそ3400m/徒歩43分です。

東京湾要塞(とうきょうわんようさい)とは、東京湾周辺の防衛を目的に設置された要塞。東京湾の砲台及び海堡等の建築物を東京湾要塞司令部が管理をした。終戦時は第12方面軍隷下の東京湾兵団に属している。明治時代に建設が始まり、逐次設備を増やしつつ、太平洋戦争(大東亜戦争)の終了時まで運用された。(Wikipediaより引用)

戦争遺跡名称 大房岬砲台跡
施設の管轄区分 旧日本陸軍施設
所在地 〒299-2404
千葉県南房総市富浦町多田良地 先
ウェブサイト 大房岬砲台跡ホームページ
最寄り駅 富浦駅(JR 内房線)
この 大房岬砲台跡 のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。