城井一号掩体壕は大分県に残る旧日本海軍の戦争遺跡(大分県)

城井一号掩体壕は、大分県宇佐市にある旧日本海軍施設の戦争遺跡です。

最寄り駅は豊前善光寺駅(JR 日豊本線)です。この豊前善光寺駅(JR 日豊本線)から城井一号掩体壕への距離と所要時間は、およそ3010m/徒歩38分です。

2021年8月30日

城井1号掩体壕(じょういいちごうえんたいごう)は、大分県宇佐市の軍事遺跡。旧日本海軍・宇佐海軍航空隊(海軍航空隊宇佐基地)の遺構である。幅21.6m、高さ5.4m。宇佐海軍航空隊の歴史や戦争の悲惨さを伝えるためのシンボルとして、現在は周辺地を含め市が買い取り、城井1号掩体壕史跡公園として整備されている。市指定史跡。掩体壕の中には、国東沖で引き揚げられた零戦のエンジンとプロペラが展示されている。(Wikipediaより引用)

戦争遺跡名称 城井一号掩体壕
施設の管轄区分 旧日本海軍施設
所在地 〒879-0442
大分県宇佐市大字城井159番地
ウェブサイト 城井一号掩体壕ホームページ
最寄り駅 豊前善光寺駅(JR 日豊本線)
この 城井一号掩体壕 のページ情報は、こちらのページを参考・引用して制作しています。ご協力ありがとうございました。